sinatraでDNS逆引きを止める

Sinatraは簡単便利ですね。

VM上のLinuxでSinatraを動作させ、ホストであるWindowsのブラウザからアクセスするようなことは、よくあると思います。
この際、アクセス元をログに記載するためのDNS逆引き(gethostbyaddr)が走り、ネームサーバや/etc/hostsが設定されていないと、タイムアウトを待つため極端に遅くなります。
(1アクセスごとに10秒程度かかる)

よく使うと思われるWebrickでもこの機能を無効にできますが、Sinatra側に特にオプションはないので、強引に無効にするコードスニペットを貼っておきます。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

関連する記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ