JNI ERROR (app bug): attempt to use stale local reference

Android NDKを使って開発していて、アプリを動かしてみると

JNI ERROR (app bug): attempt to use stale local reference

というエラーが発生することがあります。

これは主に、すでに無効になったクラス参照にアクセスした際に発生します。

JNIからJavaのメソッドを呼び出す際の基本的な方法は以下のようなものです。

jclass cls = env->FindClass("com/example/MyClass");
jmethodID methodID = env->GetMethodID(cls, "hello", "()V");
env->CallVoidMethod(obj, methodID);

ここで、頻繁に呼び出しが発生する場合、「FindClassやGetMethodIDを毎回呼ぶのは重そうだから、clsの値はグローバル(staticやC++のメンバ変数)に保持しておこう」と思うと、上記エラーが発生します。

Androidブログにも書かれていますが、FindClassで取得したjclassは、そのJNI呼び出しの間でのみ有効です。
呼び出しをまたいで保持しておいてもその値は無効になってしまうので、そのままではグローバルで保存するような使い方はできません。

※GetMethodIDやGetFieldIDで取得したjmethodID, jfieldIDは、classがアンロードされるまでは有効です。

この場合、以下のようにGlobalRefを持っておけば、ずっと使えます。

jclass gCls = env->NewGlobalRef(cls);

いらなくなったら、DeleteGlobalRefで解放してやりましょう。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(15区分 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、CITP、Ruby Programmer Goldなどを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ