Rails 4でcallback(before/after/around action)の実行順序おさらい

before_action(旧 before_filter)はchainで複数指定することができます。
before_actionを複数指定したりaround_actionと組み合わせたりした場合の実行順序について確認しておきましょう。

以下のようにWorksControllerを定義しました。

class WorksController < ApplicationController
  around_action :around_works_1
  before_action :before_works_1, :before_works_2
  after_action :after_works_1
  after_action :after_works_2
  around_action :around_works_2
  prepend_before_action :prepend_before_works
  prepend_after_action :prepend_after_works
  prepend_around_action :prepend_around_works

  # callback定義はログを出すだけ

ApplicationControllerにはこのように記載してあります。

class ApplicationController < ActionController::Base
  around_action :around_app_1
  before_action :before_app
  after_action :after_app
  around_action :around_app_2
  prepend_around_action :prepend_around_app
  prepend_before_action :prepend_before_app
  prepend_after_action :prepend_after_app

  # callback定義はログを出すだけ

この状態でworks#indexを表示すると、以下のような結果になります。

prepend_around_works start
prepend_before_works
prepend_before_app
prepend_around_app start
around_app_1 start
before_app
around_app_2 start
around_works_1 start
before_works_1
before_works_2
around_works_2 start
  Rendered text template (0.1ms)
around_works_2 end
after_works_2
after_works_1
around_works_1 end
around_app_2 end
after_app
around_app_1 end
prepend_around_app end
prepend_after_app
prepend_after_works
prepend_around_works end

CallbackChainは単なる配列なので、記述するときも配列を常にイメージするとわかりやすいです。

callback定義時には以下のように配列に入っていきます。

before_action
beforeのcallback chainにappendされる
after_action
afterのcallback chainにappendされる
around_action
beforeとafterのcallback chainにそれぞれappendされる
prepend_before_filter
beforeのcallback chainにprependされる
prepend_after_filter
afterのchainにprependされる
prepend_around_filter
beforeとafterのchainにそれぞれprependされる

もちろん、継承関係にあるときは先に親クラスをロードするので、そちらが先に評価されます。

あとは、実行時に「beforeのchainを先頭からすべて実行 → actionを実行 → afterのchainを末尾からすべて実行」になると考えれば簡単です。

※Chainが途中で中断する仕組みは、Railsでbefore_filter/before_actionがアクションを中止する仕組みを読んでみるの記事で記載しています。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。

高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(15区分 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、CITP、Ruby Programmer Goldなどを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ