Railsで検索を高速化するならこれで決まり!Sunspotで始めるSolr入門

Railsで簡単に使える全文検索と言えば、Sunspotが人気です。

非常に使いやすくできていて、わずか数ステップで本格的な全文検索を始めることができます。
バックエンドは信頼と実績のApache Solrなので、性能・信頼性・拡張性は折り紙付きです。

そんなSunspotですが、実際にサーバに設置してサービス運用に乗せるとなると、ローカルで試しに動かす分には必要なかったことも気にする必要がでてきます。

  • データのバックアップはどうすれば良いんだ?
  • 公開したあとにインデックス張り直すときは?
  • この1000行以上ある設定ファイルはいったい何なんだ?

最近は、Railsシステムの高速化・パフォーマンスチューニングをさせて頂くことも増えたので、Sunspot/Solrも小規模ながら活用できるようになってきました。
これを機に社内勉強会を開催したので、そのスライドをSlideShareにアップロードしておきました。

目次

  • はじめに
  • Sunspotを使ってみる
  • どのくらい速い?
  • Sunspotの動作モデル
  • Solrの概要
  • Solrの管理画面
  • Solrで直接検索してみる
  • Solrの設定
  • Sunspot Tips

まとめ

Solrの動作の概要を理解して、小規模なら運用に乗せられる・調べながら設定変更やチューニングができるようになることを目指して勉強会を開催しました。
特にschema.xmlのあたりは理解すれば柔軟で便利ですが、初めてだととっつきにくいため、この部分が好評でした。

機会があれば、1台ではとうてい捌けない規模のデータも扱ってみたいなあ。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。

高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(15区分 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、CITP、Ruby Programmer Goldなどを保有。

babaの書いた記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ