Windows 8.1でAndroid x86エミュレータでIntel HAXM使ったらブルースクリーンになるとき

※すごく、今さら感のある情報です。

  1. Windows 8.1にしてやったぞ
  2. Androidのエミュレータはどうやらx86のやつを使うと速いらしい
  3. SDK Managerで入れてみた
  4. 入れてみたけど速くないぞ
  5. ああHAXMを入れるのか
  6. SDK Managerで入れてみた
  7. おお速くなった
  8. ブルースクリーン(・∀・)

というのは、誰もが通る道です。

4について、Intel(R) Hardware Accelerated Execution Manager : HAXMを入れないと、全然速くなりません。

HAXMが無いとこうなる

HAXMが無いとこうなる

で、SDK Managerに↓のようなものがあるので、思わず入れたくなるのですが、現在のところWindows 8.1へ対応しておらず、使うとブルースクリーンになります。エミュレータが起動してしばらくしてから落ちます。

HAXMをSDKマネージャから入れる

HAXMをSDKマネージャから入れる

Windows 8.1では、SDK Manager経由では無く、以下のURLからIntelのHotfix版をダウンロードしましょう。

http://software.intel.com/en-us/articles/intel-hardware-accelerated-execution-manager/

はい、それだけです。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(15区分 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、CITP、Ruby Programmer Goldなどを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ