[翻訳] Ruby on Rails 4.2 リリースノート + Rails アップグレードガイド

こんにちは、hachi8833です。

Ruby on Rails 4.2 リリースノート

大方の予想どおりクリスマス直前になってRails 4.2がリリースされましたので、早速リリースノートを翻訳しました。
Ruby on rails 4.2 リリースノート

4.2_releasenote

以前TechRachoでRails Guide日本語版をご紹介したときはGitリポジトリにむき出しの状態でしたが、現在はhttp://railsguides.jp/にて公開しています。

なお、DHHのブログ記事からごくごく一部をかいつまんでおきます。

  • 今回のメジャーリリースほどとことんテストされたことはないかも。
  • 4.x系のメジャーリリースはこれでおしまい。今後はひたすらRails 5のリリースを目指す。今のところ2015年秋の予定。
  • Rails 5で使えるRubyは2.2以上のみ。シンボルのガベコレを当てにしている。

Railsアップグレードガイド

リリースノートとくれば次はアップグレードガイドの翻訳が待っています。Upgrading from Rails 4.1 to Rails 4.2を近々更新翻訳する予定です。どうぞお楽しみに。

追伸: 先ほどアップグレードガイドを公開しました。4.1 -> 4.2へのアップグレードはもちろん、4.1以前でのアップグレード情報も一部更新されています。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

hachi8833

Twitter: @hachi8833、GitHub: @hachi8833 コボラー、ITコンサル、ローカライズ業界、Rails開発を経てTechRachoの編集・記事作成を担当。 これまでにRuby on Rails チュートリアル第2版の半分ほど、Railsガイドの初期翻訳ではほぼすべてを翻訳。その後も折に触れてそれぞれ一部を翻訳。 かと思うと、正規表現の粋を尽くした日本語エラーチェックサービス enno.jpを運営。 実は最近Go言語が好き。 仕事に関係ないすっとこブログ「あけてくれ」は2000年頃から多少の中断をはさんで継続、現在はnote.muに移転。

hachi8833の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ