MacのhomebrewでOpenSSLがビルドエラーになる場合の対処方法

El Capitan環境で、XCodeのCommand Line Toolsでがっつり足止めを食らったので、メモ。

homebrewでopensslのビルドエラー

他との絡みでwineをhomebrewでインストールしようとしたら、opensslでビルドエラーが発生した。

El Capitanでソースをコンパイルしたときにopensslのエラーが出た場合の対処方法を参考に以下を実行したが、opensslをインストールするとやはりビルドエラーになる。

export PATH=/usr/local/opt/openssl/bin:$PATH
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/opt/openssl/lib:$LD_LIBRARY_PATH
export CPATH=/usr/local/opt/openssl/include:$LD_LIBRARY_PATH

brew install openssl

そういえば以前からxcode-select --installを実行するとxcode-select: error: command line tools are already installed, use "Software Update" to install updatesというメッセージが表示されていた。

ついつい後回しにしていたこのメッセージは、実はXCodeのCommand Line Toolsのパスが適切でない場合に表示される。

wineなどのソフトウェアをhomebrewでインストールする際にはopensslが必要であり、そのopensslをインストールするにはCommand Line Toolsのパスを修正する必要があったというオチ。

当初このメッセージにつられてソフトウェアアップデートの方を探していたのだけど、結局El CapitanでXCodeがインストール済みなら関係なかった。

パス修正の手順

  • xcode-select -pを実行
  • 「/Library/Developer/CommandLineTools」と表示されれば正常なのでここでおしまい
  • 「/Applications/Xcode.app/Contents/Developer」と表示されたらパスがおかしいので次に進む
  • sudo xcode-select -switch /Library/Developer/CommandLineToolsを実行
  • 再度xcode-select -pを実行し、「/Library/Developer/CommandLineTools」と出力されることを確認

参考

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

hachi8833

Twitter: @hachi8833 コボラー、ITコンサル、ローカライズ業界を経てなぜかWeb開発者志願。 これまでにRuby on Rails チュートリアルの大半、Railsガイドのほぼすべてを翻訳。 かと思うと、正規表現の粋を尽くした日本語エラーチェックサービス enno.jpを運営。 仕事に関係ないすっとこブログ「あけてくれ」は2000年頃から多少の中断をはさんで継続、現在はnote.muに移転。

hachi8833の書いた記事

BPSアドベントカレンダー

人気の記事