Tech Racho エンジニアの「?」を「!」に。
  • 開発

Rails tips: アプリでOmniAuthによるLinkedIn認証を準備する(翻訳)

概要

原著者の許諾を得て翻訳・公開いたします。

Rails tips: アプリでOmniAuthによるLinkedIn認証を準備する(翻訳)

LinkedInの機能でアプリにサインインする機能を追加してみたいと思いませんか?適切なgemをインストールする前に、LinkedIn上に新しい「マイアプリ」を作成しておくべきです。この手順全体はとてもシンプルで、応募フォームに記入して、credentialを自分のアプリの設定ファイルにコピーすればおしまいです。

新しいアプリを作成するには、自分のアカウントでサインインする必要があります。既にサインインしている場合は、マイアプリを開いてください。

必要なフィールドに記入します。メールアドレス、電話番号、Webサイトのアドレスは検証されませんのでご心配なく。自分のアプリがまだ動いていなくても、まだ存在しないWebアドレスを入力できます。

フォームを送信すると、アプリの詳細が表示されます。Authentication KeysセクションにClient IDClient secretという2つのキーがあります。自分のアプリにLinkedInでサインインできるようにするためにこれらのキーが必要になります。手順はこれで完了です。

重要: LinkedInは、認証が完了したユーザー接続のフェッチを許可しなくなりました。API経由でさらに多くの機能を利用するには、LinkedInパートナーになる必要があります。詳しくはPartner Programs | LinkedIn Developer Networkをご覧ください。

お知らせ: RSpec & TDDの電子書籍を無料でダウンロード

もっと稼ぎたい方や会社をさらに発展させたい方へ: テスティングのスキルの重要性にお気づきでしょうか?テストを正しく書き始めることが、唯一のファーストステップです。無料でダウンロードいただける私の書籍『RSpec & Test Driven Developmentの無料ebook』をどうぞお役立てください。

関連記事

[Devise How-To] OmniAuth: 概要(翻訳)

CONTACT

TechRachoでは、パートナーシップをご検討いただける方からの
ご連絡をお待ちしております。ぜひお気軽にご意見・ご相談ください。