クジラに乗ったRuby: Evil Martians流Docker+Ruby/Rails開発環境構築(翻訳)

概要

原著者の許諾を得て翻訳・公開いたします。

訳注: Ruby on Whalesは、Ruby on Railsの他に、もしかすると「Boy on a Dolphin」にかけているのかもしれないと思いました。Whales(クジラ)はもちろんDockerのシンボルです。
参考: 映画「島の女」(1957)(テーマ曲:いるかに乗った少年) ( 映画レビュー ) - fpdの「映画スクラップ帖」 (名作に進路を取れ!) - Yahoo!ブログ

まえがき

本記事は、私がRailsConf 2019で話した「Terraforming legacy Rails applications」↑の、いわばB面に相当します。この記事を読んで、皆さんがアプリケーション開発をDockerに乗り換えるとまでは考えていません(皆さんが以下の動画で若干言及しているのをご覧になっていたとしても)。本記事の狙いは、私が現在のRailsプロジェクトで用いている設定を皆さんと共有することです。それらのRailsプロジェクトは、Evil Martiansのproduction development環境で生まれたものです。どうぞご自由にお使いください。

クジラに乗ったRuby: Evil Martians流Docker+Ruby/Rails開発環境構築(翻訳)

私がdevelopment環境でDockerを使い始めたのは、かれこれ3年ほど前の話です(それまで使っていたVagrantは4GB RAMのノートパソコンではあまりに重たかったのでした)。もちろん、最初からバラ色のDocker人生だったわけではありません。自分のみならず、チームにとっても「十分にふさわしい」Docker設定を見つけるまでに2年という月日を費やしました。

私の設定を、(ほぼほぼ)すべての行に解説を付けてご覧に入れたいと思います。「Dockerをわかっている」前提のわかりにくいチュートリアルはもうたくさんですよね。

本記事のソースコードは、GitHubのevilmartians/terraforming-railsでご覧いただけます。

本記事の例では以下を用います。

  • Ruby 2.6.3
  • PostgreSQL 11
  • NodeJS 11 & Yarn(Webpackerベースのアセットコンパイル用)

Evil Martians流Dockerfile

Railsアプリケーションの「環境」は、Dockerfileで定義します。サーバーの実行、コンソール(rails c)、テスト、rakeタスク、開発者としてコードとのインタラクティブなやりとりは、ここで行います。

ARG RUBY_VERSION
# 後述
FROM ruby:$RUBY_VERSION

ARG PG_MAJOR
ARG NODE_MAJOR
ARG BUNDLER_VERSION
ARG YARN_VERSION

# ソースリストにPostgreSQLを追加
RUN curl -sSL https://www.postgresql.org/media/keys/ACCC4CF8.asc | apt-key add -\
  && echo 'deb http://apt.postgresql.org/pub/repos/apt/ stretch-pgdg main' $PG_MAJOR > /etc/apt/sources.list.d/pgdg.list

# ソースリストにNodeJSを追加
RUN curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_$NODE_MAJOR.x | bash -

# ソースリストにYarnを追加
RUN curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | apt-key add -\
  && echo 'deb http://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main' > /etc/apt/sources.list.d/yarn.list

# 依存関係をインストール
# 外部のAptfileでやってる(後ほどお楽しみに!)
COPY .dockerdev/Aptfile /tmp/Aptfile
RUN apt-get update -qq && DEBIAN_FRONTEND=noninteractive apt-get -yq dist-upgrade &&\
  DEBIAN_FRONTEND=noninteractive apt-get install -yq --no-install-recommends\
    build-essential\
    postgresql-client-$PG_MAJOR\
    nodejs\
    yarn=$YARN_VERSION-1\
    $(cat /tmp/Aptfile | xargs) &&\
    apt-get clean &&\
    rm -rf /var/lib/apt/lists/* /tmp/* /var/tmp/* &&\
    truncate -s 0 /var/log/*log

# bundlerとPATHを設定
ENV LANG=C.UTF-8\
  GEM_HOME=/bundle\
  BUNDLE_JOBS=4\
  BUNDLE_RETRY=3
ENV BUNDLE_PATH $GEM_HOME
ENV BUNDLE_APP_CONFIG=$BUNDLE_PATH\
  BUNDLE_BIN=$BUNDLE_PATH/bin
ENV PATH /app/bin:$BUNDLE_BIN:$PATH

# RubyGemsをアップグレードして必要なバージョンのbundlerをインストール
RUN gem update --system &&\
    gem install bundler:$BUNDLER_VERSION

# appコードを置くディレクトリを作成
RUN mkdir -p /app

WORKDIR /app

このDockerfileの設定は必要不可欠なもののみを含んでいますので、これを出発点にできます。このDockerfileで何が行われるかを解説します。

最初の2行に少々妙なことが書かれています。

ARG RUBY_VERSION
FROM ruby:$RUBY_VERSION

FROM ruby:2.6.3みたいに適当な安定版Rubyのバージョンを書いておけばよさそうなものですよね。ここではDockerfileを一種のテンプレートとして用い、環境を外部から設定可能にしたいのです。

  • ランタイム依存の厳密なバージョンは、docker-compose.ymlの方で指定することにします(後述)。
  • aptコマンドでインストール可能な依存のリストは、これも別ファイルに保存することにします(これも後述)。

上に続く4行は、PostgreSQL、NodeJS、Yarn、Bundlerのバージョンを定義します。

ARG PG_MAJOR
ARG NODE_MAJOR
ARG BUNDLER_VERSION
ARG YARN_VERSION

今どきDockerfileをDocker Composeなしで使う人などいないという前提なので、Dockerfileではデフォルト値を指定しないことにします。

PostgreSQL、NodeJS、Yarnをaptコマンドでインストールするために、それらのdebパッケージのリポジトリをソースリストに追加する必要があります。

RUN curl -sSL https://www.postgresql.org/media/keys/ACCC4CF8.asc | apt-key add -\
  && echo 'deb http://apt.postgresql.org/pub/repos/apt/ stretch-pgdg main' $PG_MAJOR > /etc/apt/sources.list.d/pgdg.list
RUN curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_$NODE_MAJOR.x | bash -
RUN curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | apt-key add -\
  && echo 'deb http://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main' > /etc/apt/sources.list.d/yarn.list

今度は依存関係のインストールです(apt-get installの実行など)。

COPY .dockerdev/Aptfile /tmp/Aptfile
RUN apt-get update -qq && DEBIAN_FRONTEND=noninteractive apt-get -yq dist-upgrade &&\
  DEBIAN_FRONTEND=noninteractive apt-get install -yq --no-install-recommends\
    build-essential\
    postgresql-client-$PG_MAJOR\
    nodejs\
    yarn\
    $(cat /tmp/Aptfile | xargs) &&\
    apt-get clean &&\
    rm -rf /var/lib/apt/lists/* /tmp/* /var/tmp/* &&\
    truncate -s 0 /var/log/*log

まずAptfileという裏技について解説します。

COPY .dockerdev/Aptfile /tmp/Aptfile
RUN apt-get install\
    $(cat /tmp/Aptfile | xargs)

Aptfileというアイデアはheroku-buildpack-aptから拝借しました。heroku-buildpack-aptは、Herokuに追加パッケージをインストールできます。このbuildpackを使っていれば、同じAptfileをローカルでもproduction環境でも再利用できます(buildpackのAptfileの方が多くの機能を提供していますが)。

私たちのデフォルトAptfileに含まれているのはたったひとつのパッケージです(私たちはRailsのcredentialの編集にVimを使っています)。

vim

私が携わっていた直前のプロジェクトでは、LaTeXやTexLiveを用いてPDFを生成しました。そのときのAptfileは、さしずめ以下のような感じにできたでしょう(当時私はこの技を使っていませんでしたが)。

vim
texlive
texlive-latex-recommended
texlive-fonts-recommended
texlive-lang-cyrillic

このようにすることで、タスク固有の依存関係を別ファイルに切り出し、Dockerfileの普遍性を高めています。

DEBIAN_FRONTEND=noninteractiveという行については、「answer on Ask Ubuntu」という記事をご覧になることをおすすめします。

--no-install-recommendsスイッチを指定すると、推奨パッケージのインストールを行わなくなるので容量を節約でき、ひいてはイメージをもっとスリムにできます。詳しくは「Xubuntu Geek: Save disk space with apt-get option “no-install-recommends” in Xubuntu」をご覧ください。

RUNの最後の部分(apt-get clean && rm -rf /var/lib/apt/lists/* /tmp/* /var/tmp/* && truncate -s 0 /var/log/*log)も目的は同じです。取得したパッケージファイルのローカルリポジトリ(ここまでで必要なものはすべてインストールできているので、これらはもはや不要です)や、インストール中に作成されたすべての一時ファイルやログをクリーンアップします。 特定のDockerレイヤにごみを残さないようにするため、このクリーンアップ作業は同じRUNステートメントの中で行う必要があります。

最後の部分は、もっぱらBundlerのためのものです。

ENV LANG=C.UTF-8\
  GEM_HOME=/bundle\
  BUNDLE_JOBS=4\
  BUNDLE_RETRY=3
ENV BUNDLE_PATH $GEM_HOME
ENV BUNDLE_APP_CONFIG=$BUNDLE_PATH\
  BUNDLE_BIN=$BUNDLE_PATH/bin
ENV PATH /app/bin:$BUNDLE_BIN:$PATH

# RubyGemsをアップグレードして必要なバージョンのBundlerをインストールする
RUN gem update --system &&\
    gem install bundler:$BUNDLER_VERSION

LANG=C.UTF-8は、デフォルトロケールをUTF-8に設定します。これを行わないとRubyが文字列でUS-ASCIIを使ってしまうので、かわいいかわいい絵文字たちとおさらば👋になってしまいます。

gemインストールのパスはGEM_HOME=/bundleで設定します。この/bundleが何だかおわかりでしょうか?このパスは、依存関係を(開発環境などの)ホストシステムで永続化するために、後でボリュームとしてマウントすることになります。詳しくは後述のdocker-compose.ymlをご覧ください。

BUNDLE_PATH変数とBUNDLE_BIN変数は、gemやRuby実行ファイルを探索する場所をBundlerに伝えます。

最後に、Rubyとアプリケーションバイナリをグローバルに公開します。

ENV PATH /app/bin:$BUNDLE_BIN:$PATH

これで、いちいちbundle execを冒頭に付けなくてもrailsrakerspecといった「binstub化されたコマンド」を実行できるようになります。

Evil Martians流docker-compose.yml

Docker Composeは、コンテナ化された環境をオーケストレーションするツールで、これを用いてコンテナ同士を接続し、永続化ボリュームやサービスを定義できます。

以下は、データベースとしてPostgreSQLを、バックグラウンドジョブの処理にSidekiqを用いた、Railsアプリケーションの典型的な開発環境のためのdocker-compose.ymlです。

version: '3.4'

services:
  app: &app
    build:
      context: .
      dockerfile: ./.dockerdev/Dockerfile
      args:
        RUBY_VERSION: '2.6.3'
        PG_MAJOR: '11'
        NODE_MAJOR: '11'
        YARN_VERSION: '1.13.0'
        BUNDLER_VERSION: '2.0.2'
    image: example-dev:1.0.0
    tmpfs:
      - /tmp

  backend: &backend
    <<: *app
    stdin_open: true
    tty: true
    volumes:
      - .:/app:cached
      - rails_cache:/app/tmp/cache
      - bundle:/bundle
      - node_modules:/app/node_modules
      - packs:/app/public/packs
      - .dockerdev/.psqlrc:/root/.psqlrc:ro
    environment:
      - NODE_ENV=development
      - RAILS_ENV=${RAILS_ENV:-development}
      - REDIS_URL=redis://redis:6379/
      - DATABASE_URL=postgres://postgres:postgres@postgres:5432
      - BOOTSNAP_CACHE_DIR=/bundle/bootsnap
      - WEBPACKER_DEV_SERVER_HOST=webpacker
      - WEB_CONCURRENCY=1
      - HISTFILE=/app/log/.bash_history
      - PSQL_HISTFILE=/app/log/.psql_history
      - EDITOR=vi
    depends_on:
      - postgres
      - redis

  runner:
    <<: *backend
    command: /bin/bash
    ports:
      - '3000:3000'
      - '3002:3002'

  rails:
    <<: *backend
    command: bundle exec rails server -b 0.0.0.0
    ports:
      - '3000:3000'

  sidekiq:
    <<: *backend
    command: bundle exec sidekiq -C config/sidekiq.yml

  postgres:
    image: postgres:11.1
    volumes:
      - .psqlrc:/root/.psqlrc:ro
      - postgres:/var/lib/postgresql/data
      - ./log:/root/log:cached
    environment:
      - PSQL_HISTFILE=/root/log/.psql_history
    ports:
      - 5432

  redis:
    image: redis:3.2-alpine
    volumes:
      - redis:/data
    ports:
      - 6379

  webpacker:
    <<: *app
    command: ./bin/webpack-dev-server
    ports:
      - '3035:3035'
    volumes:
      - .:/app:cached
      - bundle:/bundle
      - node_modules:/app/node_modules
      - packs:/app/public/packs
    environment:
      - NODE_ENV=${NODE_ENV:-development}
      - RAILS_ENV=${RAILS_ENV:-development}
      - WEBPACKER_DEV_SERVER_HOST=0.0.0.0

volumes:
  postgres:
  redis:
  bundle:
  node_modules:
  rails_cache:
  packs:

このdocker-compose.ymlでは8つのサービスを定義しています。サービスを8つも定義しているのを不思議に思うかもしれませんが、その一部は単に他と共有する設定を定義しているだけで(appbackendといった抽象サービス)、残りはアプリケーションコンテナを用いる特定のコマンド(runnerなど)のためのものです。

このアプローチでは、アプリケーションをdocker-compose upで実行するのではなく、docker-compose up railsのように、実行したいサービスを常にピンポイントで指定するようにしています。development環境ではWebpackerやSidekiqなどを全部立ち上げる必要はめったにないので、合理的です。

それでは各サービスを詳しく見ていくことにしましょう。

app

appサービスの主な目的は、(上のDockerfileで定義した)アプリケーションコンテナの構築に必要な情報をすべて提供することです。

build:
  context: .
  dockerfile: ./.dockerdev/Dockerfile
  args:
    RUBY_VERSION: '2.6.3'
    PG_MAJOR: '11'
    NODE_MAJOR: '11'
    YARN_VERSION: '1.13.0'
    BUNDLER_VERSION: '2.0.2'

contextディレクトリは、Dockerのbuild contextを定義します。これはビルドプロセスで用いる一種のワーキングディレクトリであり、COPYコマンドなどで用いられます。

私たちの設定ではDockerfileへのパスを明示的に指定しています。理由は、私たちはDockerファイルをプロジェクトのルートディレクトリに配置するのではなく、.dockerdevという隠しディレクトリの中に他のすべてのDocker関連ファイルと一緒に配置しているからです。

前述したように、Dockerfileではargsを用いて依存関係の正確なバージョンを指定しています。

ここでひとつ注意すべきは、イメージにタグ付けする方法です。

image: example-dev:1.0.0

Dockerを開発に用いるメリットのひとつは、設定の変更を自動的にチーム全体で同期できることです。これは、ローカルイメージ(引数や、イメージが依存するファイルでもよい)を変更するたびにローカルイメージのバージョンをアップグレードしておきさえすれば可能です。逆に最悪なのは、ビルドタグにexample-dev:latestを使うことです。

イメージのバージョンを維持しておけば、異なる2つの環境同士で余分な追加作業を一切行わずに済むようにもできます。たとえば、長期間実行するchore/upgrade-to-ruby-3ブランチで作業している最中に、いつでもmasterブランチに切り替えて古いイメージや古いRubyを利用できます。しかもリビルド不要で。

ポイント: docker-compose.yml内のイメージにlatestタグを使うのは最悪です。


他にも、コンテナ内で/tmpフォルダにDockerのtmpfsマウントを用いるように指定することでスピードアップしています。

tmpfs:
  - /tmp

backend

いよいよ本記事で一番美味しい部分にたどり着きました。

このbackendサービスは、あらゆるRubyサービスで共有する振る舞いを定義します。

まずはvolumes:を見てみましょう。

volumes:
  - .:/app:cached
  - bundle:/bundle
  - rails_cache:/app/tmp/cache
  - node_modules:/app/node_modules
  - packs:/app/public/packs
  - .dockerdev/.psqlrc:/root/.psqlrc:ro

volumes:リストの最初の項目「- .:/app:cached」では、現在のワーキングディレクトリ(つまりプロジェクトのルートディレクトリ)をコンテナ内の/appフォルダにマウントし、かつcached戦略を用いています。このcachedという修飾子は、MacOSでのDocker環境の効率を高めるうえで重要なポイントです。cachedについては別記事を書いていますので😉、本記事ではこれ以上は深堀りしません。「こちらの公式ドキュメント」をご覧ください。

その次の行では、/bundleの中身をbundleという名前のボリュームに保存するようコンテナに指示しています。私たちはこのようにして、gemのデータを永続化して複数の実行で使えるようにしています。docker-compose.ymlで定義されたすべてのボリュームは、docker-compose down --volumesを実行するまで持続します。

以下の3行も、「DockerがMacだと遅い」という呪いをお祓いするために書かれています。私たちは、生成されたファイルをすべてDockerボリュームに配置することで、ホストマシンでディスク操作が重くなるのを回避しています。

- rails_cache:/app/tmp/cache
- node_modules:/app/node_modules
- packs:/app/public/packs

ポイント: macOSでDockerを十分高速に動かすには、ソースファイルを:cachedでマウントし、かつ、生成されたコンテンツ(アセットやbundleなど)の保存にはボリュームを使うこと。


末尾の3行では、特定のpsql設定をコンテナに追加しています。私たちはほとんどの場合、コマンド履歴をアプリのlog/.psql_historyに保存することで永続化する必要があります。psqlをRubyのコンテナに追加している理由は、rails dbconsoleを実行するときに内部で使われるからです。

私たちの.psqlrcファイルには、履歴ファイルを環境変数経由で指定できるようにするために以下の仕掛けが施されています。履歴ファイルへのパスをPSQL_HISTFILE環境変数で指定できるようにし、利用できない場合は$HOME/.psql_historyにフォールバックします。

\set HISTFILE `[[ -z $PSQL_HISTFILE ]] && echo $HOME/.psql_history || echo $PSQL_HISTFILE`

環境変数について説明します。

environment:
  - NODE_ENV=${NODE_ENV:-development}
  - RAILS_ENV=${RAILS_ENV:-development}
  - REDIS_URL=redis://redis:6379/
  - DATABASE_URL=postgres://postgres:postgres@postgres:5432
  - WEBPACKER_DEV_SERVER_HOST=webpacker
  - BOOTSNAP_CACHE_DIR=/bundle/bootsnap
  - HISTFILE=/app/log/.bash_history
  - PSQL_HISTFILE=/app/log/.psql_history
  - EDITOR=vi
  - MALLOC_ARENA_MAX=2
  - WEB_CONCURRENCY=${WEB_CONCURRENCY:-1}

話せばきりがありませんが、ここでは1箇所に注目したいと思います。

まず、X=${X:-smth}についてですが、これを人間の言葉で表せば「コンテナ内のXという変数については、ホストマシンにXという環境変数の値があればそれを用い、なければ別の値を用いる」ということです。つまり、RAILS_ENV=test docker-compose up railsのようにコマンドで別の環境を指定してサービスを実行できるのです

DATABASE_URL変数、REDIS_URL変数、WEBPACKER_DEV_SERVER_HOST変数は、Rubyアプリケーションを別のサービスに接続しますDATABASE_URL変数はRailsのActive Recordで、WEBPACKER_DEV_SERVER_HOST変数はRailsのWebpackerでいつでもサポートされます。ライブラリによってはREDIS_URL変数もサポートします(Sidekiq)が、どのライブラリでもサポートされているとは限りません(たとえばAction Cableは明示的に設定しなければなりません)。

私たちはbootsnapを用いてアプリケーションの読み込みを高速化しています。bootsnapのキャッシュはBudlerのデータと同じ場所に保存しています。理由は、このキャッシュに含まれている内容のほとんどがgemのデータだからです。つまり、Rubyを別のバージョンにアップグレードするようなことがあれば、それらを一括廃棄するべきということです。

HISTFILE=/app/log/.bash_historyは、開発者のUXにとって重要な設定です。この設定によって履歴が特定の場所に保管され、永続化されるようになります。

EDITOR=viは、たとえばrails credentials:editコマンドでcredentialファイルを管理するのに用います。

末尾の2つの設定であるMALLOC_ARENA_MAXWEB_CONCURRENCYは、Railsのメモリハンドリングをチェックしやすくするためのものです。

他にbackendサービスで説明すべきは以下の行だけです。

stdin_open: true
tty: true

この設定によって、サービスをインタラクティブ(TTYを提供するなどの対話的な操作)にできます。私たちの場合、たとえばRailsコンソールやBashをコンテナ内で実行するのに必要です。

これは、-itオプションを付けてDockerコンテナを実行するのと同じです。

webpacker

webpackerで言及しておきたいのはWEBPACKER_DEV_SERVER_HOST=0.0.0.0という設定だけです。これによって、Webpack dev serverに「外部から」アクセスできるようになります(デフォルトではlocalhostで実行されます)。

runner

このrunnerサービスの目的を説明するために、私がDockerを開発に用いるときの段取りについて説明させてください。

  • 私はDockerデーモンの起動で以下のようなカスタムdocker-startスクリプトを実行します。
#!/bin/sh

if ! $(docker info > /dev/null 2>&1); then
  echo "Docker for Macを開いています..."
  open -a /Applications/Docker.app
  while ! docker system info > /dev/null 2>&1; do sleep 1; done
  echo "Docker準備OK!"
else
  echo "Dockerは実行中です"
fi
  • 次に、コンテナのシェルにログインするために、プロジェクトでdcr runnerを実行します(dcrdocker-compose runのエイリアス)。dcr runnerは以下のエイリアスになります。
$ docker-compose run --rm runner
  • 後はこのコンテナの中でほとんどの作業を行います(テストやマイグレーションやrakeタスクなど何でも構わない)。

以上でおわかりのように、私は何かタスクを1つ実行する必要が生じるたびにいちいちコンテナを1つ立ち上げたりせず、いつも同じ設定でやっています。

つまり私は、なつかしのvagrant sshと同じ感覚でdcr runnerを使っているのです。

私がこれをshellと呼ばずにrunnerと呼んでいる理由はただひとつ、コンテナの中で任意のコマンドをrunするのにも使えるからです。

メモ: このサービスをrunnerと呼ぶかどうかは好みの問題であり、(デフォルトのcommand/bin/bash)は別としても)webサービスと比べて何ひとつ目新しい点はありません。つまり、docker-compose run runnerdocker-compose run web /bin/bashと完全に同じです(ただし短い😉)。

おまけ: Evil Martians特製のdip.yml

Docker Compose式のやり方がまだ難しいとお思いの方に、Dipというツールをご紹介します。これは開発者がスムーズなエクスペリエンスを得られるようにと、Evil Martiansのあるメンバーがこしらえたものです。

dip.ymlは、複数のcomposeファイルを使い分ける場合や、プラットフォームに依存する複数の設定を使い分ける場合に特に便利です。dip.ymlはそれらをまとめて、Dockerでの開発環境を管理する一般的なインターフェイスを提供できるからです。

dip.ymlについては別記事にて詳しく説明しようと思います。どうぞご期待ください!

追伸

本記事のtipsを共有してくれたSergey PonomarevMikhail Merkushinに感謝いたします🤘。

元記事のトップ画像のクレジット: © NASA/JPL-Caltech, 2009

訳注

以下のスライドも合わせて読むことで、より理解が進むと思います。

関連記事

Rails 6のB面に隠れている地味にうれしい機能たち(翻訳)

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

hachi8833

Twitter: @hachi8833、GitHub: @hachi8833 コボラー、ITコンサル、ローカライズ業界、Rails開発を経てTechRachoの編集・記事作成を担当。 これまでにRuby on Rails チュートリアル第2版の監修および半分程度を翻訳、Railsガイドの初期翻訳ではほぼすべてを翻訳。その後も折に触れて更新翻訳中。 かと思うと、正規表現の粋を尽くした日本語エラーチェックサービス enno.jpを運営。 実は最近Go言語が好きで、Goで書かれたRubyライクなGoby言語のメンテナーでもある。 仕事に関係ないすっとこブログ「あけてくれ」は2000年頃から多少の中断をはさんで継続、現在はnote.muに移転。

hachi8833の書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ