バイオレンス特急/中島 徳博

今日の1冊は、中島 徳博さんの「バイオレンス特急」です。

バイオレンス特急
1971年「青春最前線」(週刊少年ジャンプ)でデビューされた中島 徳博さんの作品です。痛快刑事アクション物語で、とても読みやすく、正義とは何か?について考えさせられる作品です。
最近の刑事マンガでは見られなくなったテイストで、最強の車を乗り回すところがどこかアメコミ風で、興味深い作品です。少年ジャンプにたくさんマンガが掲載されたということで、とてもとっつきやすく、読みやすく、テンポの良いマンガで、すっきり爽快です。外国の人にしたら、少し文字量が多くて読みにくい?一面もあるかもしれませんが、テンポ良くサクサク読める一冊です。
バイオレンス特急_表紙
このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイート

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

junta

juntaの書いた記事

その他
【インタビュー】西野公平さん

2013年12月25日

その他
銀のジーク/岸 裕子

2013年12月24日

その他
Amazonで二次創作OK?!

2013年12月23日

関連する記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ