MANGA REBORNを始めたきっかけ

mangareborn
 
「MANGA REBORNというサービスをなぜ始めようとしたのですか?」とよく質問されることがあります。
 
理由は、もの凄く単純で「世界中の人にマンガを届けたい」という想いから始めました。
 
海外には、マンガを好きな人がたくさんいます。マンガが原作でアニメになったものを好きな人の数も考えると、本当に多くの人々に愛されていると思います。
 
しかし、そんな世界で愛されているマンガでも、一部のマンガしか知られていません。海外の人に「マンガと言えば?」と聞くと、きっと「ワンピース」「ナルト」「ドラゴンボール」など確かに日本でも有名なマンガの名前を挙げるでしょう。
 
日本で一世を風靡した「スラムダンク」は、バスケットボール人口が増加したくらい社会現象にまでなりました。一方、海外に目を向けて見れば、「スラムダンク」を知らない人は想像している以上に多いです。日本人が持っている「スラムダンク」に対する熱い感情を外国の人は、全く持っていなかったりするのです。「巨人の星」も同じ話を聞きます。「なんで?」と思うかもしれませんが、日本で人気の作品が必ずしも海外の人々に人気が出るというわけでは無いようです。
 
 
日本人は、多くのマンガに触れて、マンガで感動し、マンガで勇気を得て、マンガをきっかけに何か新しいことが生まれたりしてきたと思います。マンガはいつも、僕たちの生活において、何かの「きっかけ」になっていて、時には多くの人々を動かします。
 
 
そんな日本の財産であるマンガをもっと世界の人に知ってもらいたい!という思いから、始めることにしました。
 
 
僕らの活動が、1人でも多くの人にマンガを知って貰う機会となり、マンガのファンになってもらえたらと思っています。
 
そんな想いからMANGA REBORNを始めることにしました。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

junta

juntaの書いた記事

その他
【インタビュー】西野公平さん

2013年12月25日

その他
銀のジーク/岸 裕子

2013年12月24日

その他
Amazonで二次創作OK?!

2013年12月23日

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ