マニフェスト 本の未来

スクリーンショット 2013-04-11 20.45.53
本記事を読み、現在、本という紙の上にプリントされた文字を読むという行為を再定義しなければいけない時代にあるのだと思います。
昨今、電子書籍という形が出てから大きく変わろうとしています。社会では、紙、PC、タブレット、テレビ、スマホなど様々なデバイスで本を読む事ができます。その中でも、電子で本を読むということが特に模索されています。
 
既に、何年も前から変わっていなかった「紙に印刷された文字を読む」という行為が、これからどんどん紙ではなくデジタルで読むことになるでしょう。
 
とりわけ、マンガというものも新しい表現が求められているのだと思います。マンガは、紙という制限の中で、いかにその物語を伝えるのかが勝負な部分がありました。しかし、デジタルになると韓国のマンガのように縦スクロールをベースにマンガが構成されたりします。つまり、これまでマンガを表現する上でベースとなっていたものが崩れて、自由になっているのです。
 
今は、まだ紙の本を電子化するだけになっていますが、後20年もすれば紙で読むことが少なくなり、電子で読まれることが当たり前の社会になっているでしょう。
 
そんな社会において、僕たちはどんなマンガの読み方がいいのでしょうか?
 
想像もできないくらい、違う読み方をしているかもしれないし、今のままズルズル延長しているかもしれません。だからこそ、今、将来のマンガの形態を見据えて、僕たちは「マンガを皆で作る」という形を定義しようとしています。
 
そんな議論が起こりそうな「マニフェスト 本の未来」早速読んで、改めて将来について考えてみたいと思います。
[tmkm-amazon]4862391176[/tmkm-amazon]

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

漫画・コミック ブログランキングへ

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

junta

juntaの書いた記事

その他
【インタビュー】西野公平さん

2013年12月25日

その他
銀のジーク/岸 裕子

2013年12月24日

その他
Amazonで二次創作OK?!

2013年12月23日

関連する記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ