CakePHP 1.3でのプレフィックスルーティング(Prefix Routing)が簡単になった

CakePHPのPrefixRoutingは
例えばadmin_editという関数に対して、通常

  • /:controller/admin_edit
    となるURLを
  • /admin/:controller/edit

とできるもの。

管理画面やWebAPIのために特別なURLを用意することができる。

このPrefixRoutingだが、設定の方法がCakePHP1.3より簡単なものに変更された。

そのやり方とは/app/config/core.phpで

Configure::write('Routing.prefixes', array('admin', 'api'));

とするだけ。

※サンプルとしてadminとapiというプレフィックスを設定

ね、かんたんでしょ。

CakePHP1.2の時は複数のプレフィックス設定するのはRoutesをいちいち書いて結構めんどくさかったなー

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

お知らせ
社名変更のお知らせ

2019年10月01日

関連する記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ