今さら聞けないAppStoreにiPhoneアプリを登録する手順

shibusoさんに調べてもらいました。
会社で(受託して)開発したiOSアプリをAppStoreで登録する手順です。
メモに近い感じですが十分使えそうなので共有します。
リンク切れしてたらここから取得できます。

登録手順

Apple IDの登録とApple Developerへの登録

最初にApple ID, Apple Developerに登録してください

登録する際のメールアドレスは自社ドメインのものにするべきとのことです。
後は企業の基本情報が必要になります。
下記ページを参考に進めてください。なお入力は全て英語(ローマ字)で行った方が良いとのことです。

iOS Developer Programの登録

続いてiOS Developer Programの登録になります。

登録する際に年間参加費用として8400円(8/23現在)が必要になります。
クレジットカード決済のみ対応とのことです。
ここから先はしばらく下記ページの手順を踏襲して説明していきます、ステップ10からを参考にして下さい。

D-U-N-S Numberの登録

上記ページに書かれていますが、他に必要なものとしてと、D-U-N-S Numberがあります。
D-U-N-S Numberを取得されていない場合はAppleが無償で登録申請を受け付けているので活用して下さい、この登録には2日ほどかかるそうです。
入力内容については上のリンク先で細かく書かれています。

iOS Developer Programの登録

D-U-N-S Numberを取得後にiOS Developer Programの登録に進みます。

ただしD-U-N-S Numberを入力して進もうとしても
「Your D&B information was not accepted.」と表示されて進めなくなる場合があるそうです。

その場合は先程と同じ

こちらのステップ12からを参考にして電話やメールで対応をお願いします。
ちなみにこのページをまとめた方は問題解決に2週間ほどかかっています。

登録完了

iOS Developer Programへ登録が完了すればアプリを登録申請することが可能になります。
アプリ登録申請の手順に関しては下記ページを参考にして下さい。

申請のノウハウは下記のページにまとまっています。

注意

なお文中に書かれていますが、必要なもので気をつけるべきものは下記のとおりです。

  • サポートページ及びURL(サポートページ中にメールアドレス等が無いと審査に落ちるとのことです)
  • 大きいアイコン画像(サイズは1024×1024、それ以外のサイズだとエラーになります)
  • 申請するアプリの3.5インチディスプレイ用のスクリーンショット
  • 申請するアプリの4インチディスプレイ用のスクリーンショット
  • 申請するアプリのiPad用のスクリーンショット

まとめ

最後に、必要なものを改めてまとめておきます。

  • 自社ドメインメールアドレス
  • クレジットカード
  • D-U-N-S Number
  • 企業の基本情報(電話番号と住所)
  • サポートページ及びURL
  • 大きいアイコン画像
  • 3.5インチディスプレイ用のスクリーンショット
  • 4インチディスプレイ用のスクリーンショット
  • iPad用のスクリーンショット
Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ