Xcode5.1でよく使う38のショートカット

社内wikiに書いていたんですが、そこそこ役立つと思うのでおすそ分け。38個は多いので知ったときに「うおお!」ってなった気が付きづらいけど便利なやつらには★を付けてみました。

ファイル選択系

– cmd+j 任意の場所にフォーカス移動 cmd+左右などでウィンドウ切替
– cmd+shift+j ナビゲーションエリアのファイルにフォーカス★
– cmd+opt+j ナビゲーションエリアのファイル絞り込みテキストボックスにフォーカス★
– cmd+t タブ作成
– cmd+} タブ移動
– cmd+w タブを閉じる
– cmd+shift+o ファイルをインクリメンタルサーチで絞り込んで開く★

エディター切替系

– cmd+Enter 1画面普通のやつに切替
– cmd+opt+Enter 2画面ヘッダー見れるやつに切替
– cmd+opt+shift 2画面diffみれるやつに切替

検索系

– cmd+f ファイル内検索
– cmd+opt+f ファイル内置換
– cmd+shift+f プロジェクト検索
– cmd+shift+opt+f プロジェクト内置換
– cmd+e 選択範囲を検索ボックスに入力(検索ボックスは出ない)★
– cmd+g 検索の次の候補へ移動★
– cmd+shift+g 検索の前の候補へ移動★

プロジェクト操作系

– cmd+ctrl+[ or ] プロジェクト切替
– cmd+opt+ctrl+[ or ] scheme切替 押しづらい けど好き
– cmd+< scheme編集 (ESCで消えないのがちょっと腹立つ。tabで移動してreturnで閉じる) - cmd+r ビルド+実行 - cmd+b ビルド - cmd+shift+k クリーン - cmd+opt+c コミット

ソース編集系

– cmd+/ コメントアウト
– ctrl+i 選択範囲自動インデント
– cmd+[ or ] 選択範囲インデント上げ下げ
– ctrl+l 現在のカーソル位置を画面の中央に持ってくる(vimのzz)★

デバッグ系

– cmd+y すべてのブレークポイントを無効化/有効化
– cmd+ctrl+y ブレークポイントで止まったデバッグを再度run 押しづらい
– cmd+shift+y デバッグ出力領域の表示非表示
– cmd+shif+c デバッグ出力領域へフォーカス移動★

クリック系

– cmd+メソッドなどクリック メソッドの定義位置へジャンプ
– opt+メソッドなどクリック メソッドのドキュメントを表示
– opt+ナビゲーションエリアのファイルをクリック 2画面のときに右側で開く★

別ウィンドウ系

– cmd+shift+0 ドキュメントを開く
– cmd+shift+1 Xcodeへようこそを開く
– cmd+shift+2 オーガナイザを開く
これらの画面からコード編集画面に戻るショートカットはない(たぶん)ので、cmd+wで閉じて戻る。

種類切り替え系

– cmd+数字 ナビゲーションエリアの種類切り替え

これとXvimを組み合わせてつかえばけっこう手をキーボードから手を放さずに開発できると思います。
そういえば社内で一ヶ月くらい前に「最新のXvimがXcode5.1+mavericksな環境でうまく動かない。jで右に行く。gitのREADME通りdevelopから入れたのに…(´・ω・`)ショボーン もうしらん。全部vimで編集する。Xcodeはcmd+rを押すだけの機械」という素敵な環境になっている人がいるんですが、同様の現象になった方いたらなにか情報いただけるとありがたいです。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ