iOS6/7コンパチブルな枠付きUIBarButtonItemをカテゴリで作ってみた

もうiOS7が公開されてずいぶん経っているので、iPhone/iPadユーザの皆さま方におかれましては慣れているかもしれませんが、iOS7ってツールバーに表示されるテキストボタンに枠がなくてボタン感がないのがちょっと嫌ですよね。「ボタンっていったいなんなんだっけ?」と思うことたまにまだあります。

「ボタンをつける時はね、誰にも邪魔されず 角丸でなんというか枠がなきゃダメなんだ 独りで静かで豊かで・・・」
と来たる2014年7月9日にseason4が始まる人も言ったり言ってなかったりするらしいので(言ってません)iOS7でiOS6のようなRoundedRectっぽいボタンを作ってみました。

で、それはそれでいいんですが、すでに世にはiOS7対応の記事はけっこう多く、ios7で角丸ボタンを作る記事なんてすぐに検索で見つかってしまうので、一応新規性を出すためにカテゴリ化して、さらにios6/7どっちでも気にせずに使えるようにしてみました。

iOS6で使った感じはこうです。
ios6_bordered_button
iOS7ではこう。
ios7_bordered_button

iOS6ではもともとの枠付き角丸なUIBarButtonItemStyleBorderedでUIBarButtonItem作って、iOS7では自前でUIButtonをカスタマイズしていって最後にinitWithCustomView:でUIBarButtonItemを作っています。ブログでの公開する見た目上MITライセンスを付けてませんが、もし気に入ればお好きにお使いください。ちなみにインターン生が調べてくれた情報で作ったので、なにか変なコードになっていても当方に責任はございません。なんつて笑

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ