ぐにゅぐにゅ動く直感的なGitクライアント ungit

ungitはnode.jsで動くグラフィカルなgitクライアントです
Learn Git Branchingみたいな直感的なGUIで操作できるので
とても分かりやすいです

インストール

今回はnvmを使用してnode.jsを入れます

$ git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm
$ source ~/.nvm/nvm.sh
$ nvm install v0.10.22
$ npm install -g ungit
$ nvm use v0.10.22

ログイン時も有効にしたい場合は.bashrcに以下のように書いておきます

if [ -d $HOME/.nvm/ ]
then
    source ~/.nvm/nvm.sh
    nvm use v0.10.22 > /dev/null
fi

起動

以下のコマンドで起動します

$ ungit

起動後にブラウザでhttp://localhost:8448/にアクセスします

使い方

リポジトリのパスを入力します(ungitのリポジトリを例にします)

ブランチを任意の場所に移動

リモートにpushすることも出来ます

ブランチの作成

devにcherry pick

この状態でRebaseするとこうなります

Mergeするとこうなります

まとめ

こんな感じでブランチ操作は一通りGUIで可能です。
使ってみると分かりますが、操作するとぐにゅぐにゅ動いて楽しいです。
GUIで出来ない操作はungitを見ながら手元でコマンド打ってもOKです。
Learn Git Branchingみたいに操作したい方には良いのではないでしょうか

公式
https://github.com/FredrikNoren/ungit

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

yamasita

東京電機大学工学部→3年間某SIerにて銀行システムの開発→bpsに入社→TechRacho外部ライター

yamasitaの書いた記事

インフラ
現場で使うansible

2014年12月25日

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ