IS04でWi-Fi接続する際の注意点


以前、IS04で、自分の家のWi-Fi APにだけ接続できないので疑問に思っていました。
Mac, iPhone, PSPなど、他のデバイスは問題無く繋がるので、原因がわからなかったのですが、
色々ルータのいじってみたところ、どうやら、IS04は12以降のチャネルを認識してくれないようです。
Wi-Fiルータの設定で、チャネルを11以下固定にしたところ、無事接続できるようになりました。
今は繋がっていても、チャネル設定が自動になっていると、チャネルが切り替わったときに繋がらなくなる可能性があるので、
REGZA Phoneシリーズをお持ちの方は、チャネルの設定を固定にしておくといいかもしれません。
画像は、私がWi-Fi AP代わりに使っている「IPv6トンネルアダプタ MA-100」の場合の設定画面です。

余談ですが、IPv6トンネルアダプタという機械を購入すると、
IPv6 PPPoE(トンネル)方式で、追加料金なしでIPv6インターネットに接続することができます。(一部プロバイダを除く)
それに対し、IPv6 IPoE(ネイティブ)方式でIPv6インターネットに接続する場合、追加料金がかかることが多いです。
※KDDIのauひかりを使用している場合、IPv6 IPoE方式でも追加料金はかかりません。
【東日本】
対応ISP: http://flets.com/next/ipv6_pppoe/isp.html
MA-100 NTT直販: http://web116.jp/shop/netki/ma100/ma100_00.html
【西日本】
対応ISP: http://flets-w.com/isp/ipv6/
MA-100 NTT直販: http://www.ntt-west.co.jp/kiki/consumer/flets/ma100/index.html
オプションの専用無線LANカード「 FT-STC-Hng」を差し込むと、無線APになります。
それまで安物のAPを使っていて、hpのプリンタが認識しない等々の問題があったのですが、
FT-STC-Hngにしてから全て解消し、高速かつ安定したWi-Fi通信ができています。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ