[Xcode] ヘッダーファイルと実装ファイルを簡単に切り替える方法

Snow LeopardまでのXcodeでは、 マジックトラックパッドで3本指を上にスライドさせると、
ヘッダファイル(.h)と実装ファイル(.m)を切り替えることが出来ました。
しかし、Lion以降ではMission Controlに割り当てられ、無効化されてしまいました。

Lion〜Mavericksでは、以下のコマンドで有効化することができます。

defaults write com.apple.driver.AppleBluetoothMultitouch.trackpad TrackpadThreeFingerVertSwipeGesture  -float 1
defaults write com.apple.AppleMultitouchTrackpad TrackpadThreeFingerVertSwipeGesture  -float 1

しかし、Yosemiteでは有効化できず苦労していたのですが、BetterTouchToolを使うことで有効化ができました。

あらかじめ、システム環境設定>トラックパッド より、Mission Controlのジェスチャーを無効化しておきます。

Screen Shot 2015-03-25 at 10.27.09 AM

その後、BetterTouchToolを起動し、メニューバーのアイコン>Preferencesから設定画面を開きます。

Screen Shot 2015-03-25 at 10.18.55 AM

  1. 「Gestures」メニューを開きます
  2. 左下「+」から、「Xcode」アプリケーションをリストに追加します。
  3. 「Xcode」を選択します。
  4. 「Add New Gesture」をクリックします
  5. Touchpad Gestureで「Three Finger Gestures」の中の「Three Finger Swipe Up」を選択します
  6. Predefined Actionsので「Auxilliary Actions」の中の「Use Apple Default or Do Nothing」を選択します。
Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

annotunzdy

annotunzdyの書いた記事

インフラ
WEBrickの自動起動スクリプト

2013年03月05日

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ