[Xcode] ヘッダーファイルと実装ファイルを簡単に切り替える方法

Snow LeopardまでのXcodeでは、 マジックトラックパッドで3本指を上にスライドさせると、
ヘッダファイル(.h)と実装ファイル(.m)を切り替えることが出来ました。
しかし、Lion以降ではMission Controlに割り当てられ、無効化されてしまいました。

Lion〜Mavericksでは、以下のコマンドで有効化することができます。

defaults write com.apple.driver.AppleBluetoothMultitouch.trackpad TrackpadThreeFingerVertSwipeGesture  -float 1
defaults write com.apple.AppleMultitouchTrackpad TrackpadThreeFingerVertSwipeGesture  -float 1

しかし、Yosemiteでは有効化できず苦労していたのですが、BetterTouchToolを使うことで有効化ができました。

あらかじめ、システム環境設定>トラックパッド より、Mission Controlのジェスチャーを無効化しておきます。

Screen Shot 2015-03-25 at 10.27.09 AM

その後、BetterTouchToolを起動し、メニューバーのアイコン>Preferencesから設定画面を開きます。

Screen Shot 2015-03-25 at 10.18.55 AM

  1. 「Gestures」メニューを開きます
  2. 左下「+」から、「Xcode」アプリケーションをリストに追加します。
  3. 「Xcode」を選択します。
  4. 「Add New Gesture」をクリックします
  5. Touchpad Gestureで「Three Finger Gestures」の中の「Three Finger Swipe Up」を選択します
  6. Predefined Actionsので「Auxilliary Actions」の中の「Use Apple Default or Do Nothing」を選択します。
デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

annotunzdy

annotunzdyの書いた記事

インフラ
WEBrickの自動起動スクリプト

2013年03月05日

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ