[C#] 匿名メソッドで別スレッドからControlを操作するときのメモ

C#でWindows Formアプリ作成のメモ。

メインスレッド以外からFormのコントロールを変更しようとすると、InvalidOperationException が発生してしまいます。
例外を押さえ込んでも解決にはならないので、この場合は System.Windows.Forms.Control の BeginInvoke() を使えば良いみたいです。

この BeginInvoke() には Delegate を渡すのですが、どうせ1回しか使わないので匿名メソッドで済ませたいところ。
普通にやると「匿名メソッドからDelegateにキャストできません」と言われるので、MethodInvoker 型にキャストしてやると良いようです。

//別スレッド
void OtherThreadFunction()
{
    //textBox1.Text = "ほげ"; これは例外が出る

    textBox1.BeginInvoke(
       (MethodInvoker)delegate(){textBox1.Text="ほげ";}
    );
}

C#な人には常識なのかもしれませんが、便利だなあと感心しました。

今やっているプロジェクトは移植性を考慮に入れる必要があるため、本当は高度な言語仕様に依存したコードは増やしたくなかったんですが、便利なので使うことにします。

参考

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ