IEでdojo.requireを使うなら必ずdojo.declare()しよう

DojoToolkitのお話です。

dojo.requireを使うと、JavaScriptを動的に読み込むことができます。
<script>タグを書くのに比べて、読み込むタイミングを制御できるため、大規模な開発に向いています。

しかし、<script>の羅列を単純に置き換えると、動かないことがあります。

読み込まれるファイルで var Test = {}; のように記述した場合、FirefoxではTestを参照できますが、IEでは参照できません。
この関数は、JavaScriptリソースを文字列として取得し、最終的にevalを使って評価しているのですが、FirefoxとIEでevalの挙動が違うためだと思われます。

解決

dojo.requireを使うときは、簡単なクラスを定義する場合でも必ずdojo.declare() を使うことで、IEでも参照できるようになります。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ