Effective C++

自宅で眠っていた本をご紹介します。

[tmkm-amazon]4756118089[/tmkm-amazon]

Effective C++は、C++プログラマーなら必読です。
私が知る中で最高峰のC++本だと思います。

どんなプログラミング言語もそうですが、特にC++は深く考えずに使うと危険な言語です。
言語仕様と使い方、その効果と副作用をしっかりと理解して使う必要があります。

本書は、C++を一通り使えるようになった人がステップアップするのに最適です。

【注意点】
本書は「C++の本」であって、アルゴリズムやプログラミングの本ではないので、そこを間違えると面食らいます。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

関連する記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ