[PHP] PEAR::XML_RPC2で簡単なダミーサーバを設置する

XML_RPCのクライアントを開発するとき、ダミーでサーバが必要になります。
手っ取り早いダミーとして、PHPのPEAR::XML_RPC2が便利です。以前クライアント側は紹介しましたが、今回はサーバの超基本的な使い方。

ダウンロード

使い方

適当な場所に設置したら、以下のようにincludeして、各アクションに対応する関数を定義します。
そして、XML_RPC_Serverでアクション名と実行するアクションの対応を配列で渡せばOKです。

require_once("XML/RPC.php");
require_once("XML/RPC/Server.php");
$GLOBALS['XML_RPC_defencoding'] = "UTF-8";

function  version($params) {
    return new XML_RPC_Response(new XML_RPC_Value('1.0', 'string'));
}

function average($params) {
    $v1 = $params->getParam(0)->scalarval();
    $v2 = $params->getParam(1)->scalarval();
    return new XML_RPC_Response(new XML_RPC_Value($v1 + $v2, 'int'));
}

new XML_RPC_Server(array(
    "Test.version" => array("function" => "version"),
    "Test.average" => array("function" => "average"),
));

とってもかんたん。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ