[WordPress] テーマ内でさまざまなコンテンツを切り替えて表示する

WordPressでも、ページを上手く使えばTOPページなどの各種ページを作って、それぞれにテーマを割り当てることが出来ます。

これらのページをCMS管理する際、ページコンテンツをすべて1ページにしてしまうと、編集者がうっかりHTMLを書き換えて、レイアウトが崩れてしまう恐れがあります。
そこで、「新着情報」「ごあいさつ」のように1ページ内の各種コンテンツごとにページを用意すれば、安全に編集できます。

テーマファイル内で特定のページの内容を出力する

テーマファイル内で特定ページの内容を表示するには、以下のようにします。

<?php
 $page = query_posts('pagename=news');
 echo $page['page_content'];
?>

このようにquery_postsを使えばOKなのですが、ページID指定の p=2 といった書式では、ページを取得できません(投稿のみ対応しているようです)。

かならず、pagename=newsのようにページスラッグを指定する必要があります。

テーマファイルとページが強く結合してしまい、美しい使い方とは言えませんが、WordPressで綺麗さを追求すると痛い目を見るので・・・

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ

BPSアドベントカレンダー