[PHP] 呼ぶたびに値の変わるスクリプトを書く

開発時のテスト用に、呼ぶたびに2つの値(緯度・経度)の値が0.1ずつ増えて表示されるようなPHPスクリプトが欲しくなりました。
セッションが使えれば良いのですが、今回はクライアント側が特殊で上手く使えないため、サーバ上のファイルに保存してしまいます。

要するに値が2つ保存されるアクセスカウンタと同じです。とにかく、例外処理などを省いて簡単にすることだけを考えてみます。

//初期値 (BPSの位置です)
//35.508642
//139.442771
$latitude = 35.508642;
$longitude = 139.442771;

//前回のデータを読み込む
$data = eval('return ' . file_get_contents('data.txt') . ';');
if (is_array($data)) {
    extract($data);
}
$latitude += 0.1;
$longitude += 0.1;

//新しいデータを保存
file_put_contents('data.txt', var_export(array('latitude' => $latitude, 'longitude' => $longitude), true));

//表示
echo $latitude . '\n' . $longitude;

突っ込みどころ満載ですが、スクリプト言語なんだから、たまにはevalが使いたいなーと思って書いただけですので・・・

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ