CakePHP afterFind()で注意

CakePHPで、DBから取得した値を加工したり、Associationだけでは解決できない別データを付加したい時など、afterFind()が便利です。

しかし、findではcountなどをすることもあるので、うっかりするとFatal Errorが出てしまうことがあります。

Cannot use string offset as an array in ~.php

データの形式をきちんと確認しましょう。

public function afterFind($results) {
    foreach ($results as $key => $val) {
        //↓ここのis_array()が重要
        //$this->User->find('count')などをやった場合、2などの数値が入るため
        if (isset($results[$key]['User']) && is_array($results[$key]['User'])) {
            $results[$key]['User']['name'] = $results[$key]['User']['familyname'] . $results[$key]['User']['firstname'];
        }
    }
}
デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ