Pythonで最後の文字を削除しよう

SQLやCSVなどをごりごりと構築する際、項目区切りにカンマを付けて、最後のカンマを取り除く処理をよくやりますね。

PHPに慣れると、mb_substr()などとやるのが何となく億劫になりますが、pythonだとコードの見た目がスマート。
さすがです。

datas = ('hoge', 'piyo', 'foo', 'baa')
text = ''
for data in datas:
    text += data + ','
text = text[:-1]

ただ、なんとなく表情が硬いので、text :- ) とか書けるとさらに可愛かったのですが・・・

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

関連する記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ