[MindTouch Deki] DekiWikiにiframeを貼り付ける方法

すごく久しぶりなDekiWikiネタです。

社内の情報を集めようとすると、Google Spreadsheetなどを貼り付けたくなります。

また、自社開発ツールなどを埋め込むにも、認証トークンを付けたiframeにしてしまうのがとてもお手軽です。

しかし、HTMLエディタでiframeを書いても、エスケープされてしまうことがあります。

解決方法

DekiWikiでは、iframeの貼り付けは「UNSAFE CONTENT」と見なされ、権限が必要になっているようです。

ここにチェックを入れる

ここにチェックを入れる

このように、役割管理のところで該当するユーザの役割に「UNSAFECONTENT」を追加すればOKです。

なお、ADMINが付与されていると、UNSAFECONTENTのオン・オフに関係なく貼り付けできます。
高機能ですね。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ