Tech Racho エンジニアの「?」を「!」に。
  • 開発

HTML5 CanvasのcreateImageDataで注意

HTMLのCanvasで画像を描画するには、drawImageを使う方法が一般的です。

var canvas = document.getElementById(‘canvas’);
var context = canvas.getContext(‘2d’);
var image = new Image();
image.onload = function() {
context.drawImage(this, 0, 0);
};
image.src = ‘hoge.jpg’;

ただしこれだと画像加工などはできないので、その場合はImageDataを使います。

var imagedata = context.getImageData(0, 0, 600, 400);
// (imagedata.dataを使って画像処理)
context.putImageData(imagedata, 0, 0);

getImageData()によってキャンバスの画像データを取得し、それを加工してputImageData()で描画します。

ところでこの方法、以下のようなエラーが出ることがあります。

firefox: Security error\” code: \”1000 chrome: Uncaught Error: SECURITY_ERR: DOM Exception 18

firefox: Security error” code: “1000
chrome: Uncaught Error: SECURITY_ERR: DOM Exception 18

これは、

  • Canvas内に画像が含まれている
  • HTMLファイルを、サーバを通さず直接開いている(localhostにサーバを立てていればOK)

ときに発生します。

ローカルにある画像ファイルを勝手に読み込んで処理されないように、といったセキュリティ機能のようですね。
あまりありがたくない機能ですが、クロスドメイン問題はいつになっても面倒です。


CONTACT

TechRachoでは、パートナーシップをご検討いただける方からの
ご連絡をお待ちしております。ぜひお気軽にご意見・ご相談ください。