Railsのjpmobile環境下でカスタムセッションストアを使う方法

Railsでは、セッションストアとしてデフォルトではCookieStoreを使用します。ActiveRecordStoreを使う機会も多いと思います。

セッションストアの動作を変更したい場合、モンキーパッチを当てる方法もありますが、継承してしまうのが一般的かと思います。

# config/initializers/a_session_store.rb
MyApp::Application.config.session_store :my_active_record_store
MyApp::Application.config.session_options = {:cookie_only => false}

require 'action_dispatch'
module ActionDispatch
  module Session
    class MyActiveRecordStore < ActiveRecord::SessionStore
      # 何かオーバーライドする
    end
  end
end

ところでこの場合、jpmobile(2.0.5)のtrans_sidがうまく動かなかったりします。
jpmobileはApplication.config.session_store.to_sが”ActiveRecord::SessionStore”かどうかを見て判断するため、継承したらダメなのですね。

手動で設定してあげるのが、簡単そうです。

# config/initializers/jpmobile_init.rb
require 'jpmobile'
MyApp::Application.config.jpmobile.mobile_filter
MyApp::Application.config.jpmobile.form_accept_charset_conversion = true

module Jpmobile::TransSid
require 'jpmobile/session/active_record_store'
  ActionDispatch::Session::AbstractStore.send :include, ParamsOverCookie
end
Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。得意分野はWeb全般、Ruby on Rails、Androidアプリケーションなど。最近はBlinkと格闘中。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(高度10区分)などを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ