Rails 3.2.8がリリースされました

本日、Ruby on Rails 3.2.8がリリースされました。

http://weblog.rubyonrails.org/2012/8/9/ann-rails-3-2-8-has-been-released/

3.2.7からの主な変更点は以下の通りです。
基本的に、3.2.7で起きた問題点の修正版という位置づけのようです。

DEPRECATION WARNINGが大量に削除
3.2.xで導入されたDEPRECATION WARNINGが、ほぼ削除されています。
これは、DEPRECATIONはmajor/minorのみで追加し、tiny/preでは変更しないというポリシー変更によるものです。
たとえば、3.2.7で非推奨になったupdate_attributeも、通常通り警告なしに戻されました。

ちなみに、Railsのバージョンは以下のようになっています。

Rails::VERSION
=> "3.2.8"
Rails::VERSION::MAJOR
=> 3
Rails::VERSION::MINOR
=> 2
Rails::VERSION::TINY
=> 8
Rails::VERSION::PRE
=> nil

https://github.com/rails/rails/blob/master/version.rb

予期せぬRAILS_ENV=developmentが設定される問題の修正
Rails 3.2.7にすると、rake specがdevelopmentモードになる問題が修正されました。
specを走らせたら、いきなりdevelopmentのDBを破壊しながらdevelopment dbに入っているユーザに実際にemailを送りまくる恐ろしい挙動が、無事修正されました。

その他
数値型がnull→0に変更されたときにchanged?がtrueを返す現象が修正されました。このissueの対応です。
https://github.com/rails/rails/issues/7237

html_escapeがシングルクォートをエスケープするように修正されました。

詳細な変更はこちら

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。得意分野はWeb全般、Ruby on Rails、Androidアプリケーションなど。最近はBlinkと格闘中。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(高度10区分)などを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ