Jar Mismatch Found 2 versions of android-support-v4.jar in the dependency list

Androidプロジェクトをビルドすると、

Jar Mismatch Found 2 versions of android-support-v4.jar in the dependency list

というエラーが発生することがあります。

これは、android-support-v4.jarという名前で2つの異なるファイルが参照されているエラーです。

android support libraryのページを見るとわかりますが、意外とこのライブラリは更新が頻繁で、現在リビジョン11です。

メインのプロジェクトと、ライブラリとして参照している別プロジェクトで、それぞれ別のバージョンのandroid-support-v4.jarを参照しているときにこのエラーは発生します。
たとえば、

  • メインプロジェクトとライブラリプロジェクトをそれぞれ別のリポジトリから持ってきていて、リポジトリごとにバージョンが統一されていない
  • workspaceをホストOSとVMで共有していて、ライブラリプロジェクトのみVMでビルドしているが、VM側は最新版に更新していない

などが考えられます。

この場合、Eclipseからプロジェクトを右クリック→Android Tools→Add Support Libraryを実行すると、最新版に更新することができます。

これでandroid-support-v4.jarを最新リビジョンに更新

念のため: 「v4」は「Android 1.6 Donut以上で使えるライブラリ」という意味で、ライブラリ自体のリビジョンではないのでご注意ください。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。

高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(15区分 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、CITP、Ruby Programmer Goldなどを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ