【Mac + iTerm2注意】#6050 DNS lookupオプションを今すぐオフにしましょう

こんにちは、hachi8833です。RubyKaigi 2017最終日となりましたが、こちらの記事を先に公開いたします。

#@# 追記(9/21)

  • このオプションをデフォルトで無効にしたiTerm2 3.1.1が既に公開されていますので、こちらをインストールしてもよいでしょう(thanks to vmconverter)。
  • RubyKaigi 2017@広島のアフターパーティでこの話題になり、「iTerm2からショートカットで結果をブラウザで開くとか普通にやってた(怖」という方もいらっしゃいました。なお私は手動でえっちらおっちらブラウザに貼り直すタイプでした。
    • アフターパーティはpixiv様の提供でした。ありがとうございます。

関連記事(セキュリティ)

Ruby: 8/27発表のRubyGems脆弱性と修正方法のまとめ

Railsアプリの認証システムをセキュアにする4つの方法(翻訳)

【セキュリティ情報】WordPress 4.7.2にアップデートしましょう

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

hachi8833

Twitter: @hachi8833、GitHub: @hachi8833 コボラー、ITコンサル、ローカライズ業界、Rails開発を経てTechRachoの編集・記事作成を担当。 これまでにRuby on Rails チュートリアル第2版の半分ほど、Railsガイドの初期翻訳ではほぼすべてを翻訳。その後も折に触れてそれぞれ一部を翻訳。 かと思うと、正規表現の粋を尽くした日本語エラーチェックサービス enno.jpを運営。 実は最近Go言語が好き。 仕事に関係ないすっとこブログ「あけてくれ」は2000年頃から多少の中断をはさんで継続、現在はnote.muに移転。

hachi8833の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ