Ruby: 500バイトで書けるSHA256生成スクリプト(翻訳)

概要

原著者の許諾を得て翻訳・公開いたします。

Ruby: 500バイトで書けるSHA256生成スクリプト(翻訳)

STDIN(標準入力)のSHA 256ハッシュサムを生成できるRubyコードは何バイト(=ASCII文字数)あれば書けるでしょうか?

答え: 500バイト1

q,z=[3,2].map{|t|i=l=1;(2..330).select{i-1<(l*=i)%i+=1}.map{|e|(e**t**-1*X=2**32).to_i&X-=1}}
s=proc{|n,*m|a=0
m.map{|e|a^=n>>e|n<<32-e}
a}
i=$<.read.b<<128
(i+"\0"*(56.-(w=i.size)%64)+[~-w*8].pack('Q>')).gsub(/.{64}/m){w=$&.unpack'N*'
y=z
64.times{|i|i>15&&w[i]=w[i-16]+(s[v=w[i-15],7,18]^v>>3)+w[i-7]+(s[w[i-2],17,19]^w[i-2]>>10)&X
f=y[7]+s[u=y[4],6,11,25]+(u&y[5]^~u&y[6])+q[i]+w[i]
y=[f+s[y[0],2,13,22]+(y[0]&y[1]^y[0]&y[2]^y[1]&y[2])&X]+y
y[4]=y[4]+f&X}
z=z.zip(y).map{|a,b|a+b&X}}
$><<'%.8x'*8%z

上は、とあるコードゴルフコンテスト(現在はありません)に送信されたコードをベースにしており、これよりもさらに短いものも送信されていたので、これをさらに短くすることも可能です。プルリクを探してみてください!

テストスクリプト

上のコードをsha256.rbというファイルに保存して、同じディレクトリに以下のテストスクリプトを作成します。

# encoding: utf-8

require "digest/sha2"
require "open3"

TEST_SCRIPT = "ruby sha256.rb"
TEST_CASES  = [
  "Idiosyncrätic Ruby",
  "\n",
  "",
  "a"*6000,
  "a"*57
]

TEST_CASES.each{ |test_case|
  expected = Digest::SHA256.hexdigest(test_case)
  actual = nil
  Open3.popen3(TEST_SCRIPT){ |in_, out,|
    in_ << test_case
    in_.close
    actual = out.read
  }
  if expected == actual
    print "."
  else
    $stderr.puts "Fail:
- Expected: #{expected.inspect}
- Actual:   #{actual.inspect}
"
  end
}

参考

関連記事

Ruby 2.5の`yield_self`が想像以上に何だかスゴい件について(翻訳)

Ruby: 自分のクラスに`#to_a`を実装すべきじゃない(翻訳)


  1. 上のコードは実際には501バイトですが、"\0"を本物のnullバイトに置き換えることもできます。 
デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

hachi8833

Twitter: @hachi8833、GitHub: @hachi8833 コボラー、ITコンサル、ローカライズ業界、Rails開発を経てTechRachoの編集・記事作成を担当。 これまでにRuby on Rails チュートリアル第2版の半分ほど、Railsガイドの初期翻訳ではほぼすべてを翻訳。その後も折に触れてそれぞれ一部を翻訳。 かと思うと、正規表現の粋を尽くした日本語エラーチェックサービス enno.jpを運営。 実は最近Go言語が好き。 仕事に関係ないすっとこブログ「あけてくれ」は2000年頃から多少の中断をはさんで継続、現在はnote.muに移転。

hachi8833の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ