マークアップコーディングの価格帯

XHTML/CSSコーディングの価格もどんどん下がってきましたね。
国内で1ページ平均単価1000円台でやっているところもあります。

そういうところは往々にして一般のお客様ではなく
WEB制作関連業者からの委託を主としているようですので
知識がないとなかなか発注しづらいです。
例えば、サイトマップを初期に厳密に決めて、
ファイル構成やファイル名の指定して
その他もろもろを発注前に確定させる必要があります。

「お金は払うので納期と予算内でプロの仕事をしてほしい」
そう考えているお客様はきっと不満を感じるサービスです。

ただ、詳細を読むまで、あるいは見積を依頼するまでわからないので
相場だけを調べ回っているお客様は、
「1テンプレートのコーディングの相場は1000円くらい」
と誤認するようです。

ここの誤解をどう解くか。

信頼があれば容易いでしょうけれども。

あるいは、
思い切ってサービスと割り切ったほうがいいのかもしれませんね。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

お知らせ
社名変更のお知らせ

2019年10月01日

関連する記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ