雇用って難しい

人は会社の財産でありながら、会社を駄目にする要因にもなりえます。
優秀な人が会社を支える中、駄目な人が団結して足を引っ張ります。

能力がないことではなく、ビジネスパーソンとしての意識が低い、
そういう意味で”駄目”を使っています。

誰も見てないと思ってるかもしれないけど、見てるんですよ。
誰も気にしてないと思ってるかもしれないけど、以外と周りは気にしています。

学生でも社会人でも、お金をもらって仕事する以上、
プロフェッショナルとしてのプライドをもって働きたいですね。

内田和俊先生のこちらの書籍を読み終えて、改めてそれを感じました。
[tmkm-amazon]4478006024[/tmkm-amazon]

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ