各種環境への自動配信および手動差し戻し機能

弊社には大きく別けて開発環境、デモ環境、本番環境がありますが
各種環境でのデータ配信機能や手動差し戻し機能が充実してきました。

pman環境

pman環境

例えば、サーバ作業が得意でなくとも、
プロジェクトリポジトリの作成から各種環境への配信をWEB上から操作でき、
またトラブルが発生した際にはWEBからリビジョンを選択して差し戻せます。

コマンドを覚えるのも教えるのも至極簡単ですが
急を要す時にそんなことはしていられませんし、何よりも、
一つ手順を間違えただけ多大な労力が増える場合もあるので
マニュアル操作でミスがなく確実に作業が完了するこの仕組みが必要でした。

システムチームの皆様、お疲れ様です。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

お知らせ
クアドライブ社の設立のお知らせ

2018年12月23日

ライフ
漫画事業の各業務を紹介

2018年11月10日

関連する記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ