予定通りって良いのか悪いのか

タイトルとあまり関係のない記事です。ごめんなさい。

競うつもりはありませんが、開発ブログのほうは毎日更新されていて、
毎日のPVもグングン上がってきていて、嬉しい反面、少し悔しいです。

現状ご報告できるものがないため、最近の教訓をまとめます。
忘れがちなため自分へのメモです。

● 結論だけいう

協業相手の時間は、自分の100倍以上の価値があると頭に叩き込んでいます。
特に自分より目上、自分より経験がある、自分より頭が良い人間だと尚更です。

具体的なアウトプットとしては、例えば打ち合わせでは、
1.質問されるであろうことは全て推測して調査しておく
2.全ての回答を手短に説明できる準備をしておく
3.結論だけいう

1.と2.は誰でも実戦していることでしょうね。
3.が私にとっての新しい発見です。

結論から言うのではなく、結論だけいう、です。

このアウトプット方法に関しては随時より良い方法を模索し続けますが
現在の私の選択は、これです。

相手が説明させる価値がある、と判断して説明を要求して下されば2.を伝えます。

その他、最近人と話していて思ったことです。
主観ですし、私は正直何とも思いませんが、
相手によってはチャンスを逃しそうなのでまとめます。

● 会話中、下を向いたり沈黙したりするのはダメ。印象最悪。

● 議論中、意見を求められるまで言わないのはダメ。控え目すぎ。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

お知らせ
社名変更のお知らせ

2019年10月01日

関連する記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ