自分に足りないもの

打ち合わせのため京都に行きました。今回はいつも泊まらせてもらっている親戚&友人が全滅だったので、烏丸四条にあるホテルマイステイズを予約しました。値段の割りにはかなり綺麗なところです。事前に年齢と1人で宿泊することを伝えたはずなのに、バリアフリーでベッドが2つある部屋を使わせてもらいました。ここしか空いてなかったのか?は解りませんが得した気分です。

打ち合わせの後は近々協業予定のパートナーと食事&飲みにいきました。やはり見えている世界が違うんだなと実感します。ただし、私も貢献できるところが確実にあることもあり、安心とやる気の両方を感情が芽生えてきました。やりたいことと得意としていることが必ずしも一致しません。やりたいことに対して、自分が何を欠いているのか、誰がそれをもっているのか、その人には自分は何を提供できるのか、これらをクリアしていくことによって一人で実現できないことも実現できるようになりますね。そのためにはまず今の自分の強みと弱み、今後仕事をするうえでの軸(方向性)を把握することが大切ですね。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

関連する記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ

BPSアドベントカレンダー