新宿の新オフィスはこんなところです

新宿に移転してから1週間ほどたち、だいぶ落ち着いて参りました。これまで使っていた作業デスクはそのまま共同開発用のスペースにおきました。部屋が広くなって大きなモニタと椅子をおいても窮屈でなくなりました。最初は無駄に広々としちゃうかな?と心配してましたが、広々と使う皆の様子をみて安心しました。

共同開発スペース

共同開発スペース

今回、共同開発スペース、打ち合わせスペースに加えて、個人作業スペースを設けて見ることにしました。ムダ話はしないようにしていても、やはり周りの会話がきになるときや、どうしても近くにいると器楽に話しかけたり話しかけられたりすること作業が進まない場合もあるので、このスペースを設けました。写真には写ってませんがマッサージチェアもおいてみました。

個人作業スペース

個人作業スペース

知り合いの漫画家、フリーランス開発者、他社経営者もふらりと来て使ってくれています。もちろん電源タップも無線も使い放題です。交流が増えていきそうで、楽しみですね。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生まれ、サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学してそのまま移住。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。BPS代表。

渡辺 正毅の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ