会社のための今自分が何をすべきか

会社にとって、僕はどんな存在になるべきか。
いま代表だからどうとかじゃなくて、一員として。
そんなことを最近また考えてます。
会社設立当初から、毎年3−4回、ふと考えます。

新しい人がふえて、新しい事業がはじまって、
新しい経験もできて、新しい挑戦もできています。
その度に、会社が必要とするパーツってかわるわけで、
僕が演じる役割も、かわります。

去年あたりで、僕だけにできること、がなくなりました。
今年で、僕が周りよりも秀でていることがなくなりました。
来年になれば、そういう人が集まってくる仕組みができます。

自分より頭が良くて勉強熱心な人間に囲まれて、どう生き抜くか?
社内でも、社外でも。

明確な答えってでなさそうだけど、
ここらへんを、近々、まとめていきたいと思います。

いまは、年末で、ドタバタしているので。。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ