サーバ周り もっともっと強化していきます

今日は杉浦さんのプログラミング入門の授業を行いました。
4月に入社予定の新人さんも何名か参加してくれました。

山下さん 初出社

先日採用したばかりの方も参加してくれています。
開発者として採用しているのでプログラミングの基礎は十分ですが、
グループワークを通して会社の雰囲気を掴んでもらうのが狙いです。

初めてあった時からサーバが大好き、サーバをいじる仕事をしたい、
とニコニコしながら力強く連呼していただけあって
入門の講義がおわったらすぐ奥の部屋で
弊社の余ったPCで社内用ファイルサーバ作って、
その後は開発環境改善の下調べを初めてくれたようです。

弊社本来の強みであるサーバーサイドの技術って、
小規模な会社だと仕事になりにくい傾向があるので
去年までお客様の目に見えるところを強化してきました。

ただ、それって、バックエンド(サーバサイド)の
強みがあって初めて生きてくる技術なのですよね。

視野を広げていくためにまずはいろんな仕事に触れてもらいますが
今後の発展のために会社全体のインフラ任せられる人材に
成長してもらいます!

最も低レイヤーのところを支えてくれる方が明るいのって、
会社全体の雰囲気に大きく関わってくると思うのです。
だから、今回の人選も、間違いない。^^

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

関連する記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ