うちのCTOになってよ

自分の会社の体制を作りきれていないのに
他社のITチームを作るのには不安があって
この類の依頼は敬遠してきました。

そういう意思表示をし始める前に
お手伝いすると約束した関西の会社があって
そこの人材集めの仕組作りが粗方完成しました。

約10ヶ月、人生初の仕事としてのコンサル業務は、
自分が手を動かしながら進めていくBPSの仕事とは
少し異なり予想外に面白い経験になりました。

食わず嫌いってよくないですね。
幸い継続の方向で依頼していただけたし、
より大きな結果を残せるように
引き続きこの方面での勉強を続けなくっちゃですね。

それにしても

開発会社と合併したり買収するのが流行ってますね。
文化や価値観がマッチすれば良い手段かもしれませんが
この方法だと長期的な費用対効果は低い、と判断しています。

そういう意味では
上場してお金が集まったからガンガン投資して人材を集めるぜ
というマクロな提案を求めている企業さんとは相性悪いかもですね。
本業ではないので、自分の器にあった提案にします。^^;

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生まれ、サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学してそのまま移住。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。BPS代表。

渡辺 正毅の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ