自分が新人だった頃を思い出そうとしています。 とにかく仕事を覚えようと必死でした。

社会人になると何かを教えてもらうという機会が減り、
学び取る習慣をつけないと前に進めなくなりますね。

せっかくやる気があるのに、周りは忙しいから放置されて、
なにをしていいのかわからず、時間だけはあるので、
最初は試行錯誤の連続でした。

仕事をふってもらえないのではなくて、
ふってもらえる実力がないのだと自覚していました。
でも実力がないから任せてくれとも言えず、悩んでました。

そんなとき、チーム編成で、
○○○事業のシステムをまるっと×××で作りなおして
維持コスト・運用コストをさげて新規開発に力をいれよう!
興味あるやつは集まってくれ、という呼びかけがありました。

まわりが、あれ?渡辺くん手を挙げないの?
という顔をしたのを鮮明に覚えています。
上長が残念そうな顔をしてました。

まだ何も仕事を覚えてなくて、手を挙げられなかった。
それなのにそんな顔しないでよ、と思った記憶があります。

若かった・・・。(?)

新人さんには先輩に迷惑をかけてでも仕事を教わる権利と
成長する義務があります。
そして先輩には新人さんを育てる責任があります。

それを伝えながら、学習のペースがあがるように、いろいろと手配します。
でも新人さんからも歩み寄って欲しい。

なんか面白い案がないか、考えながら寝ます。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

関連する記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ