2012年度もありがとうございました

仲良くしてくださったお客様
支えてくれたスタッフの皆様
2012年度もありがとうございました。

売上は去年の230%にくらいなので、
結果を数字だけで見ると決して悪くないです。
普段チャレンジしない領域でチャレンジの多い年でした。
緊張の連続で、妻に白髪を抜かれて、初めてガチギレしました。
余裕がないのは良くないですね。排水口を見るたびにドキドキしました。

でも、終盤でようやく落ち着いてきて、
最終日は書類仕事も終えてホッとしました。

といったところです。

取引先の方と話していたら、今年度は売上200%を目指すそうです。
何百人も社員がいて売上も弊社の何十倍もあるところです。
対抗したいわけではないのですが、
目標を決めて逆算することに意味があるので
弊社も200%を目指します。

商材単価(価値)をあげる施策をうつか?
それとも人員増加による収益拡大を目指すか?
それに伴い
部署を作ってチーム分けしたら個別の士気があがるかな?
わけないほうがチーム外の動きにも興味がわくかな?

知り合いの方々の何人かに相談してみると、
どちらの選択肢にも成功体験がありました。
同じことをしても僕には彼らと同じ能力や人脈があるわけではないので
要所要所での前提条件のリスクヘッジができない可能性が残りますし
他社員の能力を活かせばもっと良い成果がでるかもしれない。
自分たちの属性を冷静に見つめて、能力を信じて、決断したほうが良いですね。

そういえばBPSのホームページをリニューアルしました。
コーポレートサイトっぽくはないのですがアクセスが増えて嬉しい。

トップページの女の子のアプリが気になった方はこちらにアクセスください。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生まれ、サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学してそのまま移住。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。BPS代表。

渡辺 正毅の書いた記事

関連する記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ