ステージング用の、ブラックホールSMTPサーバー2(Postfix編)

はじめまして4月から中途入社で
BPS株式会社に入社しました山下泰介と申します。

前職はSIerにて金融系システムの開発と保守をしていました。
サーバーが好きなので、インフラSEとして採用して頂きました。
と言ってもまだまだ修行中です。。。
なので、あんまり難しいことは書かない(書けない)です。
今後ともよろしくお願いします。

さて、一発目は佐藤先輩のブラックホールSMTPサーバーについてpostfixでやるとこんな感じ?
という設定例を書いてみます

多分、Postfixで本来のあて先と異なるアドレスに飛ばす設定は

  • mydestinationを弄って異なるドメインを自ホストにする
  • virtual_alias_mapsでアドレス+ドメインごとマッピングする

って方法があるのかなーと思いました

今回はユーザーについても丸ごと飛ばしたいのでvirtual_alias_mapsを使ってみます

main.cf

virtual_alias_maps = regexp:/etc/postfix/blackhole

/etc/postfix/blackhole

/^(.+[@.])?bpsinc\.jp$/      root

こうすれば例えばhoge@huga.bpsinc.jp宛のメールもローカルのroot宛てに届くはずです

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

yamasita

東京電機大学工学部→3年間某SIerにて銀行システムの開発→bpsに入社→TechRacho外部ライター

yamasitaの書いた記事

インフラ
現場で使うansible

2014年12月25日

関連する記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ