[Windows Server] Virtual ServerにはIISが必要なのでVMRCplusで仮想マシンを構築しました

馬場です。
個人ネタも書いて良いのかな?どんなことまで書くのか決めていなかったと思うので、、

自宅のWindows Server 2008がファイルサーバだけじゃもったいないと思い、Virtual Server 2005 R2 SP1 Enterprise Edition (長い) を入れてそこにもう1つWindows Server 2008 Server Coreを入れて、RemoteAccessServerにする計画中です。

Virtual PCだとLinuxで相性問題起きやすいらしい(というか経験済み)なので、Virtual Serverにしたんですが、Virtual ServerはIISを入れないと管理できないみたい。でも、Windows Server 2008のIIS7.0だとうまく設定ができない。色々やっても「必要なコンポーネントがインストールされていません」的なエラーになってしまいます。

色々調べてたら、どうやらVMRCplusというツールを使うとIISなしでいけるらしいので、早速入れてみたら、あっさり動きました!現在仮想マシン上にWindows Server 2008 Standard Server Coreインストール中です。Virtual Server 2005の制限で仮想マシンはx86になるのが残念だけど、メモリたくさん割り当てる気もないので、気にしないことにしました。

うまくいったら、今度はFedoraあたりを仮想マシンで入れてWebサーバ構築してみようと思います。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ

BPSアドベントカレンダー