Windows Server 2008にVirtual Server 2005をインストールしてみた

[Windows Server] VMRCPlusで制御するには同じドメインに参加する必要がある
の続きです。

やっとの思いで、Virtual Server 2005 R2 SP1 Enterprise Edition をまともに使えそうです。

VMRCPlusはきっぱりあきらめて、正統派にIISを入れることにしました。
Windows Server 2008では、サーバーマネージャから「役割の追加」でIISを追加します。わかりやすいです。

しかし、これだと必須コンポーネントが無いと怒られてVirtual Serverをフルインストールできません。
IIS管理コンソール、管理サービス、IIS6互換管理等をインストールする必要があるみたいです。

インストールが必要な役割サービス

インストールが必要な役割サービス

晴れてインストールが完了して、プログラムからVirtualServer管理Webサイトを開くと、401 Error。

401 Unauthorized

401 Unauthorized

どうやら、IIS入れるときに「基本認証」「Windows認証」をインストールする必要があったみたいです。幸いWindows Server 2008は役割サービスの追加が簡単なので、早速インストール。

すると次はこんなメッセージが。

認証エラー

認証エラー

解決

標準ユーザでログインしたのが間違いでした。Administratorでログインしたら普通に行けました。

正常に起動した管理Webサイト

正常に起動した管理Webサイト

Administratorでもダメな場合や、標準ユーザにアクセス権を与えたい場合、コンポーネントサービスから権限を与えるらしい・・んですが、今日はそこまで検証するのはやめておきます。

とにかく、これでリモートデスクトップ使わずにデスクトップマシンからサーバ上の仮想マシンを制御できるようになりました。ActiveXのエラーが出まくるのが気になるんですが、たぶんIE8だからですね。きっとそうだ。自分のマシン全部IE8にしちゃったから確かめようが無いんですが。

あとでIISのセキュリティパッチとファイアウォールを確認します。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ