[Subversion] post-commitフックでsvn updateするとフリーズする問題

相変わらず一人前のサーバ管理者目指して修行中の馬場です。

今回練習がてら、自宅サーバでSVN環境を構築したのですが、コミット時に自動でdeploy(svn update)する処理が上手くいかずに苦労しました。

症状

post-commitフックでsvn upするだけなのですが、リポジトリの所有者とコミット者が違う場合、deploy用のディレクトリへの書き込み権限が無くて失敗します。
(さすがにdeploy用フォルダを777にするのは無しという前提です)

  • リポジトリの所有者はbps(bpsグループ)で、コミット者はbaba(bpsグループ)の場合
$vi /home/bps/hoge-project/repos/hooks/post-commit

#↓だとPermission Deniedで失敗するので
svn up /home/bps/hoge-project/deployed

#↓このようにしないといけない
sudo -u bps svn up /home/bps/hoge-project/deployed

しかし、これだとsudoの際にパスワードを求められて、Eclipse等からコミットした場合に入力待ちで永久に処理が完了しません。

解決方法

そこで、この処理だけパスワードなしでsudoできるようにしないといけないようです。

/etc/sudoersファイルを編集して設定します。専用のvisudoコマンドを使うと安全なようです。

$visudo

#以下の記述を追加
%bps ALL=(bps)NOPASSWORD:/home/bps/hoge-project/repos/hooks/post-commit

これでようやくコミット後にsvn upが実行されました。

システム管理部の先輩が目をつぶっても出来るような作業に、半日近くかかってしまいました。
もっと修行します。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ