C++/CLIのオーバーライドについて

気分を変えて C++/CLI のTIPSです。

その1:ToString() のオーバーライド

ref classvalue struct を定義すればC#でそのまま普通のクラス・構造体として使えますが、ListBoxなどに表示する際、ToString()をオーバーライドしたくなりますよね。

この場合のオーバーライドのやり方が若干変わっています。

public ref class Hoge
{
public:
    virtual System::String ^ToString() override
    {
        return gcnew System::String(_T("HOGEHOGE"));
    }
};

このように、virtualとoverrideを指定すれば上手くオーバーライドできます。
もちろん、System::String^ 型を返すようにします。

その2:比較演算子のオーバーライド

ref class で比較演算子をオーバーライドする際、NULLチェックをやらないといけませんが、その際には nullptr キーワードを使います。

nullptr は C++/CLI のキーワードで、C# の null に相当するものです。C++ の NULL とは別物です。

public ref class Hoge
{
public:
    System::String ^name;

    static bool operator == (Hoge ^h1, Hoge ^h2)
    {
        //if (h1 == nullptr || h2 == nullptr) これだと無限ループ
        if (!h1 || !h2)
        {
            return false;
        }
        return h1->name == h2->name;
    }
};

operator ==()の中でハンドルがNULLであるかどうかをチェックするときに、==演算子を使うとStackOverflowするので、if 文の中で直接判定させればOKです。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ